Home 映画「この世界の片隅に」 川原石(かわらいし)の目隠し塀
川原石(かわらいし)の目隠し塀

映画「この世界の片隅に」にも描かれているように、戦時中は、呉線の線路に沿いに7~8mの目隠し塀が建てられていました。これは戦艦大和の建造を秘匿するためだと言われています。

JR呉線川原石駅付近ではその支柱の名残を見ることができます。

また、当時は、軍事施設が見えるところに差し掛かると、憲兵さんより汽車の窓を閉めるように指示がありました。戦時中の日本の生活がよく分かるシーンの1つです。

You may also like

ディープ呉