Home 映画「この世界の片隅に」 安芸門徒(あきもんと)の盆灯篭
安芸門徒(あきもんと)の盆灯篭
映画「この世界の片隅に」安芸門徒の白い盆灯篭

初盆の時は白い灯篭が飾られます。

映画「この世界の片隅に」には、広島地方独特の風習も描かれています。安芸門徒の盆灯篭もその一つです。

「安芸門徒」とは、かつて「安芸の国」と呼ばれた地方(現在の広島県西部地方)の浄土真宗門徒の総称です。

安芸門徒はお盆の時期に、綺麗な色の紙でできた盆灯篭(ぼんとうろう)をお墓に飾るという習慣があります。

すずさんのお父さんが持っているのが、その盆灯篭です。

現在も広島のお墓は、お盆になると色とりどりの盆灯篭が飾られています。

 

ただし、初盆の年だけは、白一色の灯篭を飾るのが習わしとなっています。戦時中は沢山のお

墓に白い灯篭が並びました。

You may also like

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!